限度額

キャッシング時の限度枠とは

06/05/2019

消費者金融でキャッシングを行いたい場合には、希望する金額いくらでも借りれるというわけではなく、審査や法律で決まる事になっています。

消費者金融のような貸金業者の場合は総量規制の影響もありますから、年収の3分の1を超える借入は出来ないですが、銀行の場合は総量規制対象外です。

返済実績を積み重ねたり、収入証明書を提示する事によって、審査直後の限度枠から増額される事もあり、業者のサービスをチェックした時に最大何百万円までというような記載がありますが、最初から最大枠まで借りる事が出来るのは無いです。

限度枠自体は業者が設定しているものであり、審査によって個人の年収等の属性チェックを行った上でいくらまで融資するか定められる事になりますし、当然法律によって定められた枠を超えた借入は出来ない仕組みになります。

申込者の借入状況や過去の返済歴等も含めて審査される事になりますから、年収が大きくても過去の借金歴に問題があれば融資可能な枠は制限されるものです。

一般的に審査では年齢や職種、在籍年数や借金履歴等の様々な項目を点数化していき、点数が高いと大きな融資を受ける事が出来る可能性が高くなりますし、いくら高評価でも最大融資枠や法律で上限もあります。