キャッシングの仕組み

キャッシングの総量規制の除外と例外

12/29/2019

キャッシングにおける総量規制とは改正貸金業法による貸付金額の限度額を年収の三分の一までにすることを中心とする貸付規制です。法的な規制ですから、貸金業者は必ず総量規制を守る必要があります。貸金業者で総量規制以上の貸付をするということであれば、それは闇金などの違法業者です。

年収の三分の一までの借り入れとなっていますが、総量規制には除外と例外があります。除外は総量規制の規制金額には算入しない借り入れで、色々ありますが主には自動車や住宅ローンなどがあります。自動車や住宅ローンが残っていてもキャッシングは可能です。例外は総量規制の金額に算入しますが、例外として規制金額以上でも借り入れが可能となる場合です。主な例外としては借り換えやおまとめローンがあります。