キャッシングの仕組み

過去のキャッシング契約で過払金の返還請求!既存の契約に影響無い?

10/16/2019

過去にグレーゾーン金利の廃止前に貸金業者から借り入れしていた場合、過払金の返還請求により現金を取り戻せる可能性があります。しかし、他の金融商品への影響を気にしてしまい、請求を行っていないことがあります。しかし、過払金の返還請求には、時効があるため取り戻せなくなってしまいます。

個人信用情報への影響ですが、完済状態、解約している場合にはネガティブ情報としては残らず、他の契約に影響することはありません。返済中の場合、過払金の再計算と精算処理のため一度返済を止める必要があり、弁護士または司法書士からの受任通知で返済がストップし返済遅延という扱いや任意整理となってしまいます。ですが、完済もしくは解約であればこのデメリットはないため、直ぐに返還請求を行うことが可能です。